京丹後市やさか老人保健施設「ふくじゅ」は、医療やリハビリ等を行い、在宅への復帰をめざしてさまざまな支援を行っています。ご相談・見学を随時受付中です、お気軽にお電話・お越しください。

看護職・介護職ステップアップ研修会「排泄」の講師を担当しました!

2017年09月15日

本日は、丹後中央病院 ふたばホールにてステップアップ研修会「排泄」の講師をふくじゅ職員が担当をしました。

 

1時間の枠でしっかり伝えた事は、オムツやリハビリパンツ、パッドの機能をしっかり理解して活用する事。また、職員に負担の少ないスキルの紹介でした。そのために、体験を中心に構成をしました。

 

(オムツの充て方の実演)

 

内容

・オムツを参加者同士でつけてみる。

・パッドの吸収実験でわかること。

・オムツの充て方実技(漏れにくく、動きやすい)

・リハビリパンツの漏れにくい充て方実技

・尿漏れの原因を考えるワーク

・トイレでリハビリパンツをできるだけ早く上げる実技

・ふくじゅで取り組んできた排泄の紹介(パワーポイント)

 

(リハビリパンツをできるだけ早く上げる方法の体験してもらいました。)

 

外部講師から学んだことをふくじゅ内で講師として行い、今回は、他の施設の方にも伝える機会をいただきました。私たちもステップアップしていると思いました。参加して頂いた皆様、有難うございました!

ふくじゅ内で排泄の研修を行ったことに、興味のある方はこちらから

後日、「うさぎのブランコ」に研修の振り返りが掲載されました。興味のある方はこちらから

教育委員会

 

関連記事を読む

移乗介助の職員研修で大切にしたこと:痛み、可動域制限、スキル、リーダー、チームワーク
第3回ふくじゅ内活動報告会を開催!
転倒予防と、楽に車いすをキャスターアップ介助する勉強会を開催
施設内研修で介助勉強会を1年で31回開催