京丹後市やさか老人保健施設「ふくじゅ」は、医療やリハビリ等を行い、在宅への復帰をめざしてさまざまな支援を行っています。ご相談・見学を随時受付中です、お気軽にお電話・お越しください。

褥瘡とポジショニングについて、職員で考えました

2019年08月22日

8月22日、23日に感染褥瘡防止委員会による勉強会を行いました。

今回のテーマは「褥瘡とポジショニング」です。

職員の体験も取り入れた勉強会となりました。

まず、委員によるポジショニングについての話を聞きました。

その後ベッドに横になり、どこに圧がかかっているのか考えながら圧抜きを行いました。

ギャッジアップの体験も行い、職員の感想を聞きながらズレの確認など行いました。

次は、リクライニング車椅子の体験を行いました。

今回は、褥瘡のリスクの高い方が利用されていると考えられるため

職員が考えるきっかけになるのではと、この体験を取り入れました。

車椅子を倒したり、起こしたりすることによるズレを感じました。

ポジショニングはどんな道具を使うのか、どこに何を入れたらいいという形はありません。

ポジショニングの知識を持って、心地よい姿勢になるよう

試行錯誤することが必要だと感じています。

利用者様のために、日々の気づきを大切にしていきたいと思います。

また次回。お疲れ様でした。

感染・褥瘡防止委員会

関連記事を読む

スシローへ外出(2階)
世代間交流として丹後こども将棋教室の子供たちと一緒に過ごしました。
職員研修 [スタンダードプリコーションと感染予防に必要な実技]
丹後地域リハビリテーション支援センター 看護職・介護職ステップアップ研修会「移乗」の講師をさせていただきました。